歯医者でスケーリングやるよ。

皆さんもご経験あると思います歯医者でのスケーリングについてです。
大抵は加勢のついでにする事が多いと思いますが、最初は私もそうでした。
ある日、歯痛があり歯医者に行ったのですが、見立てを通しても厄介が見つからず鬱屈かな?と言われました。そんな事もあるのか?ってまばら、面食らいましたが、それは特有いいんです。
特に治療をする絶対も消え去り「スケーリング決めるか?」といった聞かれました。その時の俺は歯石受領は知っていましたがスケーリングの意味がわかりませんでした。
但し、知らないとは言えずに思わず 「はい、お願いします。」という答えてしまい、スケーリングをする例になりました。
医師ではなくヘルパーさんが取り付けをしているのを見て「あれ?」と思ったのですが、もう遅く椅子を倒され口を開けられたかと思うとごっそり「ウィーン」って何かで歯を削りだしたかと勘違いして、危険大きくビクンとなったとともにヘルパーさんも「あっ!」といったノイズをあげたのです。
俺はそのノイズに何かあった?と思い「え?」というのですが「大丈夫ですよ?」といったヘルパーさんが答えたので少し安心して、ようく見るとドリルではなく水圧で歯石を配すると理解しました。
しかし、俺は歯茎が弱々しいのか時にはかなりの痛苦を感じました。
そして、スケーリングが終わり、うがいを促されたので、うがいをすると当たりまえ血が混ざっていました。それを見て俺は何かを感じ取りましたが知らなかった例として加勢を終えました。
帰って鏡を見ると確かに歯石が取れ綺麗になっていましたが、歯の生え際からジワーっと血が滲んでいて、最初のビクンの時のだな?って苦笑い。
スケーリング自体は凄く気持ち良かったので今では時にスケーリングだけしに歯医者に通っています。ネガティブ専用すこやか地肌

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !