坊やに歯磨きをさせるノウハウ

子どもが出来て、最初は歯みがきをさせるのが余程マズイでした。絶えず舞台されて、いったいどうしたら歯を磨いてくれるのか悩んで居た位、父親が色々な味の歯磨き粉を買ってきてくれました。今は歯磨き粉も色々な味があって、買ってきた歯磨き粉を見て身も驚きました。イチゴ味はもちろんブドウ味にメロン味、オレンジ味やソーダ味までありました。父親の構成が功を奏して子ども達は、歯みがきが楽しみになりました。というのも、歯を磨くたびに「どの味にする?」と聞かれるとワクワクしてきて、それぞれが「ぶんどうして!」「めろん!」といった嬉しそうに応ずるのです。それは子ども達の気分によって、日によってちがいます。父母も今日はブドウの高みだ~とか想い思うと子どもの意識が見えて少し嬉しくなりました。但し、アッという間に次の不明瞭、仕上げ磨きです。スゴイ口を開けて見せてくれません。感情の低時は歯を食いしばって、すっぱりいう事を聞きません。いつの家でも踏みとどまる事だとは思うのですが、私も手さぐりでたどり着いたのが、出演をする用事。子どもたちの口を除いた瞬間に「あ!!」ってでかい評価を出します。そうなると子どもたちが私の方を驚いた出で立ちで見ます。その瞬間を逃さずに「バイキ○マンが居た!」と人気させるのです。けれども口を閉じようからには「あ!!逃げた!!」といった口の背部の方をのぞき込むそぶりをします。すると、子どもは慌てて口を開けます。そこまで来たらこっちのものです。後は○キン君の目線が心持ちになってるとか、○イキンマンの傍らカ○心音がいる!とかモリモリ申し立てを広げて、明かしてる間に済ませ磨きを通じて仕舞う。すると、毎回楽しみにして口を開けてくれるようになりました。下ごしらえ一つで、なんとかなるもんなんですね。ブリアンの使い方詳しく教えてほしい。書いているのはどこ?