生え翻りチャンスの仕上げ磨きは心拍です

子どもの歯磨きって難しいです。
ほとんど、子どもって歯磨き嫌いですよね。
口に歯ブラシを来れる事が凄まじいのか、それとも痛く感じ取るのか…断然はわかりませんが、むしろ嫌がります。
小さい内は、歯磨きを仮にスムーズに短時間でキレイに握るかが邪魔でしたが、成長するにつれ、また違う邪魔も出て来ます。
それは、歯の生え変わり機会の歯磨き!
連日ではなくても、仕上げ磨きはしています。
小学生の間はやってあげた方が良いらしく…高学年の子どもにも時おり終わり磨きしてあげていらっしゃる。
下の子どもは生え覆りが始まったばかりですが、上の子どもは半ぐらい生え変わって来る。
何ごと経験しても歯がグラグラしているのを見極めるのは、まだまだこわいです…。
そして、揺れている歯を磨いて突き上げるのがくれぐれも怖くて。
必ず追い抜けるから…とも思いますが、磨かないわけにはいかないですし、次に浮き出る永久歯の為にもきれいにしておかなくてはいけないので。
毎回、こわごわ磨いてあげて来る。
そして、本当に抜けても永久歯はアッという間にグーっと出ては欠けるので、見えてかかる事項を磨き、その周囲の歯肉は傷つけないように慎重に。
真っすぐ、仕上げ磨きは一大んですけど、歯って目立ちますからね。
きれいな歯として持ち上げるのも父兄の効用かなと思って、頑張っています。
じりじり、定期的に受けている歯科検診に行くので、虫歯が出来ていなければありがたいなぁとしていらっしゃる。
幾らか生え変わりは続きますので、ドキドキしながらの仕上げ磨きを乗りこえなくてはいけませんね。二人目妊活中です。ローションで産み分けって可能ですか?