夏場の0歳児との遊び方

夏に出だし年齢半分の男子がいたお母さんです。
出だし年齢頃には歩けるようになっていました。歩けるようになるとジッとしていないわが子を連れて春には大きい公園や部屋に豊富行きました。第三者戦いが大好きな小児は喜んで遊んで、疲れておうちに帰ったらお昼寝できるというのが春当たりの主な毎日の流れでした。
しかし、梅雨が過ぎ夏になるにつれて暑すぎて公園で第三者戦いをするのが困難に。滑り台やブランコ等の玩具は高温で火傷しそうなぐらい熱くなっているし、次男の熱射病が心配なのと、ひときわ自分自身が第二子どもを懐妊中で普段よりも暑さに弱くなっているのが原因で、公園戦いは断じてしなくなってしまいました。
なので、さてどこに行こうと考えて、約定必ずしも行くようになったのが二個所。子ども館や子育て解放中心と、浅瀬の清々しい川です。
子ども館や子育て中心はウィークデーの昼間しかあいていないのですが、皆目助かりました。家にいても空調売値がかさむし次男は悪い家で飽きた玩具しかなく触発なようで、しばしば第三者に行こうといった入口に引っ張っていきます。でも、子ども館や解放センターに行けば空調も効いた中で次男はたくさんの真新しい玩具で遊べて自分もほかのママさん達といったお話しすることが出来て安堵にもなりました。
川遊びをするのは男性とともにじゃないと妊婦の僕にはちょい岩場などで次男を抱っこするのがキツかったのでウィークエンドにどんどん行ってました。川はとても気持ちいいし、物件でベランダプールが出来ない家屋では水遊びをする機会が無いので次男がそれほど喜んではしゃいでいました。帰るとぐっすり眠ってくれるし、我々も夏の機会として楽しんでいました。
夏の遊び方、予約次第ではいろいろあるなと感じます。酵素おすすめはどれ?