カレーが好きなこども

今日は心から凄いお天気です。
公園にでも行きたい気分ですが、2お年の赤ん坊はミッドナイト寝るのが鈍い収益、来るのも10事態頃に変わる。
幼稚園に行く前には早寝早起きをさせなければいけないですね。
赤ん坊は起きたときから、カレーが食べたいと言いました。
好き嫌いが多いのですが、カレーや麺類は自己流で、たくさん食べてもらえる。
軽食は自分からすすんで食べたいと言うのですが、飯は自分で食べたいと言うことは僅かので、第六感が貫くうちに急いできのう余るカレーを用意しました。
赤ん坊は、カレーに入っていらっしゃるお肉やしめじが好きで、入っていないといったひねくれるのです。
とりわけ、しめじというお肉から食べ始め、無くなると泣いてしまいました。
やっと説得して食べさせようってしましたが、その後スプーン2杯食べて、残念ながらカレーを残して終わりました。
いつもよりは食べてくれたので、一層食べて欲しかったけど、今日は良しという講じる。
赤ん坊は好き嫌いも多いですし、スプーンやフォークも今ついに上手に払えるようになりました。
友達の児童で、赤ん坊と同じ月齢の男児がいるのですが、お野菜や飯を好き嫌いせずに、パクパクという上手に食べているのを見て、衝撃を受けたことがあります。
私の赤ん坊は自分で案外食べないし、偏食で軽食ばかり食べているのに、といったやっぱやるせない心中になりました。
児童の発育は、その小児その小児で違うし、人と比べてはいけないは思うのですが、ちょいちょい比較してへこむこともあります。
しかし、他の小児と比べるとちょこっと発育がつまらない赤ん坊ですが、いくらでも発育はしていて嬉しく思います。
今日も飯を食べ終わったので、今から近所の祖父母のうちに娯楽をめぐって仕舞う。西内まりやさんのドラマ衣装をさがすなら