これから育児

小学6年生って3年生といった0歳児の女です。
昨年40年代を目前にして、思いがけずおめでたが判明しました。
3周辺が欲しいとしていたのも本当ですが、下の小児が5年代を過ぎた頃にはおよそあきらめていましたので、大変負荷しました。
職務も丁度雇用を考えていた階層でしたし、カテゴリー系にも体力が持ち合わせるかどうかという心配もありました。
でもあまりに産まない、という仲立ちは考えられなかったんですね。
どうしても嬉しかった。
まだまだおめでた望める胴体だったんだーという奥様としての嬉しさもありましたし、また新生児をこのテクニックに抱ける感謝、甘えん坊の下の幼児に弟ができる申し込み成長していけるかな、という欲望もありました。
しかし、なんだかんだ、おめでた真ん中はとても胴体がきつかっただ。
つわりで立ってあることすら辛かった。でも、職務が休めるだけの診療は出して貰えず、主として死んだように仕事をしていました。
けれどもいよいよ無事に産休に入り、元気な男子を帝王切開で出産しました。
3周辺は孫みたいだよー、なんて周りの3第三者兄弟のお母さん達は話していましたが、ホントにターゲットに入れても痛くないと言うのはこのことです。
あまいんです。
専らいい。
首がすわる、お座りができる、歯が生えるなどなんだか良いほどです。
かえってグングンこのままでいてほしいとすら思います。
長女の時は、拡大の早さ遅さに一喜一憂してたことを思い出します。
あの位の自分にますますのびのび見てあげたら?って言ってあげたいです。
早くても遅くてもどこは大きくなってテクニックを離れてしまうんです。今回しかないそういった可愛らしさを力一杯楽しみたい、そういう気持ちで養育しています。わきがはよく聞きますが、スソガ、スソわきがは聞き慣れません。女性で悩まれている人が増えています・・・・詳細はこちら