坊やに歯磨きをさせるノウハウ

子どもが出来て、最初は歯みがきをさせるのが余程マズイでした。絶えず舞台されて、いったいどうしたら歯を磨いてくれるのか悩んで居た位、父親が色々な味の歯磨き粉を買ってきてくれました。今は歯磨き粉も色々な味があって、買ってきた歯磨き粉を見て身も驚きました。イチゴ味はもちろんブドウ味にメロン味、オレンジ味やソーダ味までありました。父親の構成が功を奏して子ども達は、歯みがきが楽しみになりました。というのも、歯を磨くたびに「どの味にする?」と聞かれるとワクワクしてきて、それぞれが「ぶんどうして!」「めろん!」といった嬉しそうに応ずるのです。それは子ども達の気分によって、日によってちがいます。父母も今日はブドウの高みだ~とか想い思うと子どもの意識が見えて少し嬉しくなりました。但し、アッという間に次の不明瞭、仕上げ磨きです。スゴイ口を開けて見せてくれません。感情の低時は歯を食いしばって、すっぱりいう事を聞きません。いつの家でも踏みとどまる事だとは思うのですが、私も手さぐりでたどり着いたのが、出演をする用事。子どもたちの口を除いた瞬間に「あ!!」ってでかい評価を出します。そうなると子どもたちが私の方を驚いた出で立ちで見ます。その瞬間を逃さずに「バイキ○マンが居た!」と人気させるのです。けれども口を閉じようからには「あ!!逃げた!!」といった口の背部の方をのぞき込むそぶりをします。すると、子どもは慌てて口を開けます。そこまで来たらこっちのものです。後は○キン君の目線が心持ちになってるとか、○イキンマンの傍らカ○心音がいる!とかモリモリ申し立てを広げて、明かしてる間に済ませ磨きを通じて仕舞う。すると、毎回楽しみにして口を開けてくれるようになりました。下ごしらえ一つで、なんとかなるもんなんですね。ブリアンの使い方詳しく教えてほしい。書いているのはどこ?

楽しみにしていたお弁当

年少の三男は周りのお友達が戦隊ものに集中なのも気にせず、相変わらずアンパンマンが大好きです。
特別バイ菌マンが作り出すメカ「だ徐々に」「もぐりん」が大好きだ。

昨今通っている幼稚園でお弁当のお天道様が続き、
お友達のお弁当を見て攻撃においている様子で帰省下多々話していただける。
具体的に何を言いたいのか依然思い付かパーツもあるのですが、
際だけ最も伝わって訪れるのは「姿勢の弁当が望ましい!!!」という事です。
しっかりお友達の中に流行りの動向弁を食べてあるほうがいたのでしょうか。
「まさかねぇママ。あした海苔でだ徐々にの姿勢作ってなぁ~。」っていよいよ志望があったのです。
巧妙なママなら作れなくもないですし、だじりじりは割り方簡単な自分かと思います。
でも三男は姿勢どころか休憩まで指定して来ました。
動向弁は無縁し避けて通りたかったあたしは冷や汗タラリ・・・・。

ところがその日の寝る前、ピクチャーブックにふっと載っていたお弁当の動画を見て
「そういったお弁当が好ましいなぁ~!!!」と言って来たのです。今度は鶏そぼろ弁当でした。
いざ!!これなら作れるぞ!!とすぐに「あした作って捧げるね。」というコミットメントしました。

そして翌朝鶏そぼろ弁当を作って持たせました。
制限朝方にお弁当の話しにはならず見せてとも言われずだったので、
私も何もつい見送ったのですが三男は違うようなんです。
お弁当の時間になって担任のドクターの所に早々駆け寄ったらしきんです。
「ドクター!!!近頃ね、だ徐々にのお弁当だよ~!!!!」という・・・。
その明かしをドクターからのお手紙で聞き、
蓋を開けたときの三男の面持がいかなるだったか想像すると乳が痛みました。そして悔悛。
確かに鶏そぼろ弁当をコミットメントはしたけれど、
三男の中ではむしろだこれからを作ってもらっているつもりだったんでしょうね。

思っていたお弁当とは違っても完食しピカピカのお弁当器物を持って帰って来てくれました。
でも敢然と「次はだゆっくり作ってなぁ~。」って困り姿勢で言われてしまいました。

赤ちゃんとのおしゃべりって引き取り手をしたり何かをしながら適当に返して仕舞うが、
赤ちゃん自身は意外ときっちりと聞いて覚えているんですよね。
ちゃんと向き合ってあげなきゃいけないなと悔悛したことでした。ブリアンを最安値買う方法はコチラで紹介しています。