歯科衛生士くんに歯みがきのツボを教えてもらって歯みがきの熱意が変わりました。

 自分は、口臭が気になり、長々、自分なりに見つけ出しました。歯石が原因ではないかとジャッジメントとして歯医者に行きました。なので、歯科純化士氏から、歯磨きゼミを受けました。それまでは、歯磨きは、1割り当てもしてなかったような気がします。それほど歯磨きはに意識がなかったからです。最初は、歯ブラシの角度から「この角度で、ここに憶え、やさしく力を入れることなくマッサージをする先入観、上の表現の内面、外面の順で、次は、下の表現、内面、外面」これだけでも億劫に憶えるのに、さらに「歯日にちブラシで、歯間は友だち、日にちの間が違うので、2~3型を使い分けて、コンクールってうい液体をつけて、磨きます」歯磨きに何分費やさせばいいのだろうって感じました。しかし、これでおわりではありません。次は、先の尖った歯ブラシで「歯という歯にわたってといったその歯茎にわたってを磨きます」これも力を入れないで軽くマッサージ始める感覚で磨きます。ますます勘弁下さい実情でした。今まで、1割り当てで終わっていた歯磨きが20割り当て限りもかかります。但し、口臭ガード、歯石を歯に着けないためには、この歯磨きやり方をしなくてはいけません。これだけやってもさっぱり完全ではなく、歯石はなぜついて仕舞う。定期的に歯医者へ赴き、歯医者の器具でキレイにしなくてはいけません。歯磨きは、あくまでも、ガードの一種である先入観です。そういった歯磨きやり方として最初は、リスクという気持ちはありましたが、口臭を防ぎたい、とういう気持ちを持って続けていくうちに、リスクという先入観もなくなってきました。それどころか、とっくり歯磨きをしないと、気持ちが悪い感覚になりました。物氏で、歯茎は引き締まり、健康な口内となっています。いつ来るか分からない汚臭のためにオーラクリスターゼロ準備をしているのがわたし

朝から仕込みがもたつく

子両人いて両人とも寝起きが相当悪いです。小学1年生の少女は最も昼前齎すといったグズグス言ってわめき出します。最近は眠りが浅いのか夜中に寝れないと言って晩起きてしまうようです。そして昼前、起きて寝れなかったというのです。下の男子は幼稚園新鮮くんですが、以前までは導き出すとすぐに起きてきていたのですが、どんなに起こしてもいつも寝ていて起きてきません。上の人のようにグズグズは言わないけど持論無しで寝てある。こうして一度声をかけてから何度も起こして15食い分所ぐらいに遂に起きるのです。昼前は小さい頃の方がまったく寝起きが良かったです。その為に昼前のアレンジが何だかもたつくで連日せかすように早く早くが口癖になっています。そこから地道にゆっくりとアレンジをしていますが、一家も性質が正反対!せっかちな自身に関してノンビリ屋の子供達。上のヒトは今どきが時計を読む学業をしているので自分で時計を見ながら準備をするようにしています。そうなると自分なりに導き出しながら準備しているのか時間までには間に合わせて準備しています。しかし、下のヒトはゲームゲーム準備をするので依然として自らアレンジは無理だけど、今まで出来なかった着替えなどは自分ひとりで少しずつ出来るようになってきました。昼前のアレンジの中でものほほんとだけど両人とも成長しているんだって実感しました。後は寝起きをもう少し良くして、上のヒトはそろろそ時計で起きてほしいかなっという発展を通じて父母も欲が出てきます。あのドラマで着用していた衣装がわかる!