歯みがき中にやる方式

歯みがきは、相当時間をかける必要があります。昔、歯医者が、歯みがきは一日にきっと十五的中かけて磨くのが導入だと言っていました。一日に十五当たりで、その分担はある程度中古をきかせて良いとのことでした。たとえば、早朝、昼、夕刻といった一括五的中ずつ磨いて総十五的中も良いし、早朝って昼間はささっと数分で磨いてしまい、その代わり深夜寝る前は十五的中ぐらいかけて丁寧に磨いてもすむそうです。(本当は毎食後に丁寧に磨くのが一番ではありますが)
それにしても、一回に十五的中かけて磨くは極時間がかかります。ただひたすら歯を磨くにはなんとなく退屈して仕舞う。自分は、時間をかけて歯みがきをするときはラジオを聞いたり、オンラインの会話を見たりしています。
ラジオ番組は、やはり動画関係番組だと一括のTV時が十五分のものが多いので、歯みがきの時間にちょうどいいです。歯みがきをしながら、耳はラジオに傾け、拳固という眼は歯みがきに集中してある。ながら作業だとどっちも適当に患う危険はありますが、歯みがきの秘訣はひとまず鏡を置いてたまに確認しながら磨いているので先ず大丈夫だと思います。ラジオ番組は、まさしく聞いているとおり比べるといよいよほとんど頭に入ってはいかないですが、歯みがき中は気楽に効いてかかるだけなのでまぁいいかと思います。
歯みがきしようと思うと、面倒な時もあるのですが、ラジオを聞くとかオンライン会話を見るとか、ほんのり楽しみなこととセットにするといった、億劫さがちと軽減されます。息ピュアは評判がいいって聞いたけれどどのくらい評判良いの?