ワインを飲んでさくっとハミガキとしていた状況、数日後者歯を見ると出来事が…!

普段はワインを飲まないのですが、ついつい仲よしからワインを贈られて数日罹りで初めて飲み切りました。その際のハミガキはいつも飲酒後述10パーツ足らずでしていたのですが、いずれハミガキをする際にじっくり自分の歯を見てみると、「前歯の隅が少なくなってる?」以前と比べてちゃんと隅部分の色が透明になっているのです。念のため家族にも確認してもらいましたが、やはり薄くなっているとのことで愕然としました。
後至急ネットで、急に歯が薄くなって増えるモデルにあたって検索してみました。すると、原因は酸蝕歯による小物だって判明したのです。酸…、思い当たるものを考えてみた状況、サッとワインが原因だと申し込みしました。酸蝕歯というのは、酸にて歯が溶けてしまったときのようで、私の言動至急ハミガキを通じていたのもツアーに拍車を駆け抜けていたようです。
そうしたらまた数日経った後によりケンカが…、歯の薄くなっていた場所だけが茶色くしみしているのです。これは凄い!と思い、歯磨き粉だシュミテクトプロエナメルの酸蝕歯仕様を購入し使用してみました。
こうして3週間ぐらい経った後述、鏡で前歯を見てみると、すこぶる茶色のコントラストが薄くなっていたのです!それからも継続してこの歯磨き粉を継続して使用するモデル半年、今やすっぱり茶色のシミも無くなっていました。こうして肝心の酸蝕歯で低い歯手動に関しては、感覚白いを取り戻したとも見えますがいよいよよく分かりません。ただし、酸蝕歯について言うと、そういったシュミテクトプロエナメルを超える歯磨き粉はないだろうとしている。プラチナベリー